トップページ > NK225副業 > 相場雑感 > やって来たダウの暴落

やって来たダウの暴落

2018/02/04 18:42:11

テーマ:相場雑感

 

1.概況

2/2 日中足

 

2/2 ナイト先物

2.テクニカル

 短期波動 上げ  95 (9/8起点)
目先トレンド 下げ  8日 (1/23起点)
直近値幅  1036円    (1/23起点)
 均衡線 23420円 付近 
安値圧力線 22880円 付近
 UOS 39.2%  

テクニカルを見ますと、目先下げトレンドは8営業日目を経過、IR安値の更新は叶わず、直近の値幅は1036円迄と変わらずです。UOSは続伸、39.2%となっています。

3.相場見通し

2/2のNK値動きは、寄り付きの23362円と値を下げて始まりました。寄り後直ぐに、日中高値23368円を付けましたが、その後は10時半過ぎまで下げの一途となり、日中の安値23122円を付けました。しかしその安値を境に反転となり、ジリジリと値を戻し続け、結局の所23275円と陽線にて引けています。

本日は、日中の値動きは底堅さを感じるものでしたが、ナイト先物は値を下げています。好調な米国雇用統計結果を受け、一旦は上昇をしたのですが、その後はNYダウの暴落を受けNK先物も23000円を割り込む急落となっています。NYダウの暴落は、マイナス665ドルと9年ぶりの過去6番目の下げ幅で、長期金利が2.85%迄上昇した事に嫌気をさした売りが入ったとの事です。ここ半年間のダウは上げ過ぎであり、やって来たダウの暴落と言った所でしょうか。

この流れから、週明けのNK市場は大きく値を下げて、23000円を割れて始まる可能性が高いものと考えます。只、米国長期金利が上昇しているのでドル円もまた上昇となっており、日銀のETF買い支えが入れば、月曜の時点では下値は限定的と思われます。

問題はNYが何処まで下げるかですが、これが下げ続けるとその内に為替ドル円も下げに転じるものと思われます。そうなるとNKも泥沼の下げが考えられるので、安易に値頃感で買うのも危険と思います。

差し当って月曜ですが、高確率で寄り付きGD23000円割れとなると考えられますので、その後の自律反発で値を戻した所を売って行きたいと思います。

勝敗は時の氏神。

ご照覧あれ。