トップページ > NK225副業 > 相場雑感 > 政局が左右する相場

政局が左右する相場

2016/05/29 19:03:49

テーマ:相場雑感

 

1.概況

 

5/27 日中足

 

5.27

 

5/27 夕場先物

 

 5.27-1

 

 

2.相場見通し

 

先ずは、日足の見直しです。

 

 

 短期波動 上げ                68 (2/12起点)
目先トレンド 上げ        ↑   16日  (5/2起点)
直近値幅  982円            (4/25起点)
 均衡線 16600円 付近 
高値圧力線 17250円 付近
 UOS 50.5%   ↓

 

5/27日のNK値動きは、小動きに終始しました。日中の値幅は100円程度であり、20日の平均値幅のおよそ1/3に過ぎず、出来高も低調なものでした。何かを待って居るか様に、気迷い十字線にて引けています。

 

テクニカルを見ますと、目先上げトレンド16営業日となり、IR高安の更新は止まり、直近の値幅は982円と変わらずです。 UOSは続落、50.5%となっています。株価は上昇するもUOSは下がり、ダイバージェンスが発生しており、これをどう解釈するかによって変わって来ます。

 

短期日柄を見直しますと、現時点で上げ波動68営業日であり、反転にはまだ日柄は熟していないと思います。他方、現在の上げ波動は、昨年6/24に天井を付けた後の大勢下げ相場の戻りと仮定すれば、この上げ波動はそう長くも続かないと見る事も出来ます。であれば、後はイベントを絡めたシナリオ次第と言った所なのかもです。

 

ではこれから相場を左右するイベントは、何なのか。解散総選挙有無、増税延期、米国利上げ、6月日銀会合金融緩和、等々挙げられますが、何と言いっても直近は解散総選挙の有無ではと思います。参院選のみで有れば、そう大きな波乱は無いと考えますが、解散総選挙となると失敗色濃厚のアベノミクスを問う解散、政局含みとなり、一旦下を見に行く可能性が高くなると思います。

 

来週は、政局が左右する相場展開となりそうです。差し当って、目先の上げ波動が伸びきっている事から、売り方有利な展開となる様に思いますので、売り目線に転換とします。

 

勝敗は時の氏神。

ご照覧あれ。