トップページ > NK225副業 > 相場雑感 > 様子見

様子見

2013/09/05 21:11:10

テーマ:相場雑感

10月1日の完敗以来、久し振りのブログ更新です。

10月は本業が忙しく、月半ばまではザラ場のチャートを見る機会が中々取れない状況が続きますので、暫くは様子見を継続しようと思っております。

相場は、米国の債務上限問題がクローズアップされてきており、日経は9月27日の高値から870円の下げを生じています。

10月1日にIR安値を付けて以来、連日の安値更新で、均衡線は14240円付近、安値圧力線は13600円付近にあります。

このまま米国の民主党と共和党の茶番劇が続くとなると、来週月曜は一旦戻りがあるかもしれませんが、ダウ暴落、日経もつられて暴落、安値圧力線を大きく割るかもしれません。

只、合意となると強烈な巻き戻しがあると予想されるので、資金管理を十分に行いながら、大きく下げた所を、海中に飛び込む心持ちにて 「買い」 で踏み出すのが良いと考えております。

「人気も揃い弱く、何程下げるも知れ難く、我が考えも弱かるべしと思う節、心を転じ買い入るべきなり。この思切、海中に飛入心持甚だ成り悪き者なれども、その節疑いの気生ぜず買ふべし、極めて利運なり。」

「人気下がると片寄る時は、却って上る者故、考えに及ばざるなり、上げも同断、即ち海中に飛び込む心持、極意なり。」

宗久翁秘録より抜粋。

合意は、来週中か、17日目前か。
長引けばその分下げ幅も大きいので、資金管理と建玉のバランスを考えながら、夕場に登場しようと思います。

勝敗は時の氏神。
ご照覧あれ。

最後まで読んで頂き、有難う御座います。
ぽちっとお願い致します。
↓  ↓  ↓