トップページ > NK225副業 > 相場雑感 > 誰の目にも明らかな下げ

誰の目にも明らかな下げ

2018/09/09 18:28:54

テーマ:相場雑感

 

1.概況

9/7 日中足

9/7 先物

 

2.テクニカル

 短期波動 下げ  79日 (5/21起点)
目先トレンド 下げ   6日 (8/30起点)
直近値幅  859円      (8/30起点)
 均衡線 22510円 付近 
安値圧力線 22010円 付近
 UOS 45.2%  

テクニカルを見ますと、目先下げトレンドは6営業日目を経過、4営業日連続のIR安値の更新により、直近の値幅は859円に拡大しました。UOSは反発、45.2%となっています。

私用に付き4日間の人足に駆り出されていました。ようやく帰宅しブログ再開です。

留守にしている間に目先の下げトレンドは下げ足を強め、均衡線を大きく割り込み、値幅は859円と誰の目にも明らかな下げとなっています。注目の米国雇用統計は良好な結果でしたが、これを掻き消す様にトランプ氏が中国への追加関税第4弾を発表、また日本への厳しい条件を示唆しています。

週明けですが、誰の目にも明らかな急速な下げを受け、その裏が来る事を警戒すべきかと思います。しかし、その戻りが有れば恰好の売場と捉え、売りで臨むのが良いと思います。