トップページ > NK225副業 > 相場雑感 > 週明けは「事実で売り」

週明けは「事実で売り」

2018/12/02 22:01:21

テーマ:相場雑感

 

1.概況

11/30 日中足

11/30 先物

 

2.テクニカル

 短期波動 下げ ↓ 42日 (10/2起点)
目先トレンド 上げ  12日 (11/13起点)
直近値幅  953円      (11/8起点)
 均衡線 21960円 付近 
高値圧力線 22560円 付近
 UOS 65.9% ↑ 

テクニカルを見ますと、目先上げトレンドは12営業日目を経過、連日のIR高値の更新は止まり、直近の値幅は953円と変わらずで上げす。UOSは大幅上昇65.9%となっています。

先週のNK値動きは、月曜寄り付き安く始まり、その後は週末の木曜迄上げ上げにて推移しました。金曜にはやや押し込まれる局面も有りましたが、後場から大引けまで値を戻し強さを維持して引けています。

木曜の高値を境に押しが入ると睨み、値を下げる事を期待しながら様子見を続けましたが、金曜の押しは浅く値を戻しています。G20において、米朝首脳会談により、懸案の貿易戦争に何らかの好材料が出る事を期待した「噂で買い」の状態であったと思われます。

この週末に会談の結果が判明し、「米国の対中国追加関税を90日猶予」である事が報道されています。これはある意味期待外れで有り、「噂で買われていた」状態から、「事実で売られる」状態に移行するものと思われます。

週明けですが、高く寄り付くならばそれは売場と捉え、売っていきたいと思います。