トップページ > NK225副業 > 相場雑感 > 雇用統計結果を受けて

雇用統計結果を受けて

2013/10/10 22:31:07

テーマ:相場雑感

先週金曜日発表の米国雇用統計は、以下の通りで予想を上回る強さでした。

非農業部門雇用者 市場予想 +12.0万人 結果 +20.4万人
失業率        市場予想 7.3%     結果  7.3%

この結果を受け、ドル円は99円台を回復、NK先物日通しは14230円、NYダウは前日比+167.8と強い状態でした。

CME日経平均先物は14260円で、大証日通し引け値を30円上回っています。

今週月曜の寄り付きは、CME終値付近にて始まる事が予想されますが、問題はその後の推移です。

現在の所、均衡線は14350円、安値圧力線は13900円付近にあり、金曜日には安値14026円を付け、安値圧力線まであと100円まで迫りました。

また、10月23日の高値から、770円下げております。

日柄からも、日足の平均周期に近く、そろそろ反転してもいい頃と思います。

只、気掛かりなのは、ここ2週間のパターンとして、月曜日の寄り天が懸念される事、また、ドル円の強さの割にはNKが上がっていない事です。

何れにしても、月曜日の値動きにて判断しようと思いますが、基本的には買い目線で臨みます。

勝敗は時の氏神。
ご照覧あれ。

ぽちっとお願い致します。
↓  ↓  ↓