トップページ > NK225副業 > 相場雑感 > 8/8 暴落来たる

8/8 暴落来たる

2014/07/09 13:53:25

テーマ:相場雑感

1.概況
 8/8のNK値動きは、前夜の先物引け間際の急落の流れを受け、寄り付きから15000円を窺う値動きにて、下げて始まりました。
 しかしこれは序章に過ぎず、10時過ぎ位から、米国のイラクへの空爆の報を受けパニック売りが始まり、11時30頃には安値14750円まで売られました。(先物は更に値を下げ、14655円まで売られました。)真の高値からの真の値幅は-479円で、所謂、大出来を伴っての暴落でした。
 後場に入ってからは、ヨコヨコの流れが続き、結局15800円を割れての大陰線引けでした。

 夕場NK先物は、日中の底値を下回る事無く、ジリ上げにて推移し、NYダウが+185ドルと大幅に戻した事を受け、14950円を回復して引けています。

2.トレード結果
 当日はノートレでした。
 今月の累計 ; +35

 当日金曜日は、本業取引先が、盆休み前の最後の営業日である所が多く、多忙を極め、チャート確認は昼休みのみでした。
 売り目線の私は、チャートを確認して、相場に参加出来なくて残念の一言でした。

3.相場見通し、方針
 前日の足型、下げ足の差し込み線が示した通り、寄り付きが売りのポイントだった様です。それにしても、瞬間とは言え、先物にて14700円を割り込むとは考え難く、酷く下げたもので、将に暴落来たると言った所だと思います。

 当日の日中値動きにて、UOSは28.8%となり、下値圧力線を200円程度オーバーシュートしました。状況から、売られ過ぎの様に思います。これらを受け、NYダウが値を戻した事もあり、夕場先物は急速に値を戻しています。

 月曜のNKは、この週末にネガティブサプライズが無ければ、15000円を目指して戻りを試す様に思います。問題は、それ以降です。

 ダウが+185ドルと大きく値を戻したと言っても、漸く下値圧力線まで戻って来たのが現状であり、謂わば、売られ過ぎの是正が入ったと考えるのが妥当の様に思います。

 NKも、週明けには売られ過ぎの是正が入り、値を戻すとは思いますが、下げトレンド転換をしたばかりの現状、上げに転換する値は考え難く、ここは下げの中の戻りと考えるのが良い様に思います。

 よって、週明けは値動きに注視しながら、上げ止まりを待っての売り目線にて臨みます。

 勝敗は時の氏神。
 ご照覧あれ。