トップページ > NK225副業 > 売買記録 > ギリシャ妥結、上値追いへ

ギリシャ妥結、上値追いへ

2015/07/13 22:49:28

テーマ:売買記録

 

1.概況


本日のNK値動きは、寄り付き19930円にて始まりました。

 

前場は、高下を繰り返しながらのヨコヨコの値動きでしたが、次第に下値を切り上げ、ジリ上げの展開となり、10時半過ぎには20000円をブレイクし、そのまま20000円をキープして前場の取引を終えました。

 

後場に入ると、寄り付きから更に上昇、13時過ぎには20100円をブレイク、その後は20100円を境にした攻防にて推移し、結局は20090円にての陽線引けでした。 

 

夕場先物は、直前にギリシャ妥結のニュースが飛び込み、為替は70銭の円安となり、NK先物は20300円を超えて寄り付きました。その後、高下が有りましたが、今現在は、20350円付近にて推移してます。

 

 2.トレード結果


①13:23 20070円 買い 20090 返済売り +20

今月の累計 ; -240円 

 

3.相場見通し

 

朝、寝起きのニュースは、ギリシャ問題は結果が出ずの15日迄の先送りで、がっかり来たのですが、押せば買いの方針で良いと思い直し、買ってみました。久しぶりのスキャで、利を頂く事が出来ました。

 

それでは日足の見直しです。 

 日柄  下げ波動  ↓   14日 (6/24起点)
目先トレンド  下げ       14日 (6/24起点)
直近値幅  1838円           (6/24起点)
 均衡線 20240円 付近 
安値圧力線 19570円 付近
 UOS  51.9%     

 

本日の日中の値動きでは、下値を切り上げながらのジリ上げ値動きで、強い印象を受けました。それを裏付ける様に、UOSは上昇、50%を回復しています。日柄、目先トレンド共に、未だ下げですが、日中の値動き、及び夕場の値動きから上げに転換しそうな様子です。

 

長く結論を引っ張て来た、懸案のギリシャですが、遂に妥結をみました。これにより、暫くは上値追いをする様に思います。僅か3営業日前までは、19100円付近まで下げた事が嘘の様です。

 

後の懸念事項は、中国上海、米国利上げですが、中国は政府が本腰を入れて火消に躍起ですので、暫くは大きく下げる事は無い様に思います。米国の方は、9月か12月の利上げでしょうが、9月の可能性はかなり低いものと思われ、有るとすれば12月でしょうか。

 

そう考えますと、暫くは上を見て然るべき値動きが続く様に思います。次に下げが来るのは、12月利上げを意識し出す、10月頃でしょうか。その頃には、上海も抑えが利かなくなって来る可能性もあり、また米国の債務上限問題も首をもたげて来るのかもです。それまでは目線は買いで良い様に思います。

 

 明日以降は、押せば買いで臨みます。

 

勝敗は時の氏神。

ご照覧あれ。