トップページ > NK225副業 > 相場雑感 > レンジ下抜けるか

レンジ下抜けるか

2018/02/12 0:50:14

テーマ:相場雑感

 

1.概況

2/9 日中足

 

2/9 ナイト先物

立ち合い無し

 

2.テクニカル

 短期波動 下げ  13日 (1/23起点)
目先トレンド 下げ  13日 (1/23起点)
直近値幅  3051円     (1/23起点)
 均衡線 22660円 付近 
安値圧力線 21270円 付近
 UOS 34.5%  

テクニカルを見ますと、目先下げトレンドは13営業日目を経過、IR安値の更新は叶わず、直近の値幅は3051円と変わらずです。UOSは更に上昇、34.5%となっています。

3.相場見通し

2/9のNK値動きは、寄り付きLGDの21508円にて始まりました。しかも、その寄り値が日中のほぼ高値の寄り天で、直ぐに垂直落下により日中の安値21119円を付けました。その後の値動きは高下を繰り返しながらのヨコヨコとなり、引けにかけて値を戻し、結局の所21383円迄値を戻して引けています。

本日は、前日のNYダウの暴落を受け、NKも寄り付きから値を下げ下値模索の値動きとなりました。しかし、2/6の安値付近まで値を下げたものの、割れる事無く値を戻しており、現時点では底割らずの状態であると言えます。只、これをレンジ相場なのかと言うと疑問符が付く所であると思います。日柄から、短期及び目先の下げトレンドはまだ若く始まったばかりであり、場合によっては後一段の下げが有っても可笑しくは無いと考えられるからです。

ここからですが、NYダウ次第では有るものの、レンジを一旦下抜けるとなると、更なる下落を想定します。騰落率から見ると2015年8月、2016年1月の1.240付近までは想定した方が良いと思います。その目処は19500円。此れを下抜ける様であれば、2013年5月の1.285、2011年3月の1.304が視野に入りますが、あのバーナンキショック、大震災レベルまでは下げない様に思います。

差し当って週明けですが、戻りを試す展開があると思いますので、戻り一杯を見極め売りを入れるのが良いと思います。

 

勝敗は時の氏神。

ご照覧あれ。