トップページ > NK225副業 > 相場雑感 > 上昇の継続には懐疑的

上昇の継続には懐疑的

2019/02/24 19:10:41

テーマ:相場雑感

1.概況

2/22 日中足

 

2/22 先物

 

2.テクニカル

 短期波動 上げ  37日 (12/26起点)
目先トレンド 上げ  10日 (2/8起点)
直近値幅  1238円     (2/8起点)
 均衡線 20760円 付近 
高値圧力線 21170円 付近
 UOS 59.1%  

テクニカルを見ますと、目先上げトレンドは10営業日目を経過、連日のIR高値の更新止まり、直近の値幅は1238円と変わらずです。UOSは続楽、59.1%となっています。

先週のNK値動きは、月曜寄り付きからGUで始まり、そのまま週末まで値を上げる強い展開が続きました。金曜日にはやや値を下げましたが、日中の値動きは週を通して全て陽線で有り、強さが感じられる週となりました。

NYダウを見ますと、こちらも堅調な展開で週末に掛けて高値を更新し、昨年9月に付けた最高値が視野に入る上昇となっています。また、このダウの戻り値幅は4340ドルと最大クラスであり、騰落率も1.2を超え最大クラスとなっています。ここを買って行くには相当の勇気が要る様に思われます。

週明けですが、NK、NYダウの強さを反映し、高く始まる事が予想されますが、私としましてはこの強さの継続には懐疑的に見ています。NK、ダウ共に売りサインが点灯しており、またダウの戻り値幅、騰落率は既に最大クラスです。相場には決して逆らってはいけませんが、先週末に目線を転換した通り売り目線を維持し、値動きを注視したい所です。