トップページ > NK225副業 > 売買記録 > 下げ足の差し込み線

下げ足の差し込み線

2015/07/09 22:55:26

テーマ:売買記録

 

1.概況


本日のNK値動きは、前日の流れを引き継ぎ、寄り付きLGDの19423円にて始まりました。

 

前場は、寄り後直ぐに値を下げ、5/7の安値19258円を割り込み、更に9時半過ぎには日中の安値19115円まで値を下げましたが、それからは戻りを試す展開となり、上海市場がプラ転した事を受け19700円迄急騰しました。その後はやや売られ、19600円付近にて前場の取引を終えました。

 

後場に入ると、寄り付きから値を下げ始め、19500円を割り込む局面もありましたが、14時前頃より値を上げ始めたと思うと、怒涛の上げ上げモードに変わり、引けまで上げ続け、結局は19856円にての長い下髭を付けての大陽線引けでした。 

 

夕場先物は、寄り付きから値を下げ19800円を割り込みましたが、直ぐに回復し、その後はヨコヨコの値動きとなり、今現在は19830円付近にて推移しています。

 

 2.トレード結果


①11:24  19600円  売り  19590円 返済買い  +10

今月の累計 ; -260円 

 

3.相場見通し

 

寄り付きから300円超の下げが来たかと思うと、その後は700円超の爆上げ、恐ろしい相場展開でした。巻き込まれた方も多いかと思います。こんな事が起こるかとも思い様子見の方針でしたが、つい、手が滑ってしまいました。結果オーライでしたが、方針は順守すべきですね。

 

それでは日足の見直しです。 

 日柄  下げ波動  ↓   12日 (6/24起点)
目先トレンド  下げ       12日 (6/24起点)
直近値幅  1838円           (6/24起点)
 均衡線 20260円 付近 
安値圧力線 19630円 付近
 UOS  53.3%     

 

本日の値動きにて、5/7の安値を割り込み、日柄上昇波動が下げ波動へと転換となりました。長い上昇波動で、値幅は8690円にも及びました。ここからは、日柄転換を意識した相場見通しとするべきかと思います。

 

さて、後場に怒涛の買戻しの上げとなり大陽線引けでしたが、昨日の大陰線実体部分に首を突っ込んだ陽線で、これは下げ足の差し込み線と見る事が出来ると思います。ご存知の通り、翌日、前日陰線の実体下線を下回ると、追撃売りの急所とされています。見た目には強そうですが、明日は少し下げるのではないでしょうか。

 

とは言っても、ギリシャの新提案の審議が控えており、状況次第では更に怒涛の買戻しとなる可能性も考えられるので、大きな値動きは無いのかもです。

 

今夜の欧米市場はどう反応するでしょうか。下げれば面白いのですが、そうは行かずの爆上げでしょうか。

 

 明日も、基本売り目線の様子見継続です。

 

勝敗は時の氏神。

ご照覧あれ。