トップページ > NK225副業 > 売買記録 > 予定通りの反発の筈が...

予定通りの反発の筈が...

2016/06/04 23:45:47

テーマ:売買記録

 

1.概況

 

6/3 日中足

 

6.3

 

6/3 夕場先物

 

 6.3-1

 

2.売買結果

①16000円 買い  16065円  返済売り  +65

今月の累計 +65円

 

3.相場見通し

 先ずは、日足の見直しです。

 

 

 短期波動 上げ                73 (2/12起点)
目先トレンド 下げ           3日  (5/31起点)
直近値幅  726円            (5/31起点)
 均衡線 16830円 付近 
安値圧力線 16290円 付近
 UOS 44.2%   ↓

 

6/3のNK値動きは、日中は予定通りの反発でしたが、強さを感じたのは、16700円にて頭を押さえられた、寄り付きから30分程度のみでした。夜間先物は、米国雇用統計の真坂の大幅悪化により、為替が一気に2円の円高に進み、先物も16300円を割り込む迄売られました。

 

テクニカルを見ますと、目先下げトレンドは3営業日を経過、直近の値幅は726円と変わらずですが、UOSは更に続落、44.2%となり、5/31の60%台から急激に低下しています。

 

日中の値動きそのものでは、深めの押しの範囲内と思いますが、夜間先物の値動きを見ていますと、とても買い目線を継続したいとは思わない局面です。将に予定通りの反発が、雇用統計にて水を差されたと言った所でしょうか。

 

週明けは、高確率にてIR安値の更新からのスタートとなり、何処で下げ止まるかが焦点であると思います。5/2の15975円を割り込む展開となるならば、目先下げトレンドが誰の目にも鮮明となり、短期の上げ波動も怪しくなって来る所です。

 

チャートを見る限り、大きく動く前の前兆の様にも見えますが、短期の上げ波動継続中である事もまた確かです。週明け出来高を伴っての下げが連続し、前述15975円を割り込めば売り目線に転換、出来高も小さく15975円を割り込まなければ、押し目買い目線で良いと思います。

 

勝敗は時の氏神。

ご照覧あれ。