トップページ > NK225副業 > 相場雑感 > 噴けば打診売り

噴けば打診売り

2016/12/11 19:14:33

テーマ:相場雑感

 

-ご挨拶-

身内が事故に巻き込まれ、ブログの更新が出来ない状態でした。

更新をお待ちの方々には、ご迷惑をお掛け致しました事、お詫び申し上げます。

漸く、更新が出来る状況になりましたが、ゴタゴタが続く事が予想されますので、出来る範囲にて更新して行きます。

宜しくお願い致します。

2016.12.11  J.BOY

 

1.概況

12/9 日中足

12/9 ナイト先物


 

2.売買結果

本日はノートレでした。

今月の累計 ; 0円

 

3.相場見通し

先ずは日足の見直しです。

 

 

 短期波動 上げ               112日  (6/24起点)
目先トレンド 上げ        21日  (11/9起点)
直近値幅  2931円             (11/9起点)
 均衡線 17242円 付近 
高値圧力線 18470円 付近
 UOS 62.1%   ↑ 

 

テクニカルを見ますと、目先上げトレンドは21営業日を経過、2営業日連続のIR高値を更新により、直近の値幅は2931円迄拡大しました。UOSは続伸、62.1%となり、節目の60%を再び超えて来ました。先の下げ幅の倍返しを軽々と達成し、このトランプ相場の凄まじさを物語っています。

 

12/6の記事にて、「日柄が伸び切っており、いつ下げても良さそうに見えるが、3日待っての売りが良い」と書きましたが、下がるどころか500円以上の上昇となっています。結果的には、3日間の様子見は正解でしたが、ここまでの上昇には面喰いました。と言うより、全くの想定外でした。

 

只、この3日間は、MSQを境にした大出来高を伴っての上昇であり、状況から、売り本尊の損切り、投げが入った様にも見えます。通常の相場であれば、強い買い圧力(損切り・投げ)がもたらす、最後の上昇と見る事が出来る局面と思います。ここからの上昇は、更に強い買い圧力が必要であり、噂での買いもそろそろ限界が近いと見るべきと考えます。

 

来週15日は、待ちに待ったFOMC。以前にも書きましたが、利上げは織り込み済みですので、後は来年の利上げペースにどの様に言及するか、是次第で目先のトレンド転換の口実となり得ると思います。FOMCまでは、基本売り目線で、噴上げがあれば、打診売りが良いと思います。

 

勝敗は時の氏神。

ご照覧あれ。