トップページ > NK225副業 > 相場雑感 > 暴落とは思えず…

暴落とは思えず…

2015/06/29 23:32:03

テーマ:相場雑感

 

1.概況


本日のNK値動きは、寄り付きLGDの20306円と大幅に値を下げて始まりました。

 

前場は、寄り付きから9時半過ぎまで揉み合いが続きましたが、行き過ぎの是正をするかの様に上昇し、日中の高値20362円まで買われました。その後は、ヨコヨコの値動きにて前場の取引を終えました。 

 

後場に入ると、寄り付きから20300円を割れると、一本調子で値を下げ、14時半前には日中の安値20093円まで売られました。その後は乱高下をしましたが20000円を割れる事無く、結局は20110円にての大陰線引けでした。 

 

夕場先物は、20200円にて寄り付き、暫く揉み合いが続きましたが、次第にジリ上げの値動きとなり、今現在は20300円付近にて推移しています。

 

 2.トレード結果


本日はノートレでした。
 

今月の累計 ; -160円 

 

3.相場見通し

 

本日は、大方の予想通り、ギリシャデフォルト懸念にて、大幅に値を下げた一日でした。

 

それでは日足の見直しです。 

 日柄  上昇波動    169日(10/17起点)
目先トレンド  上げ       7日(6/23起点)
直近値幅  962円          (6/23起点)
 均衡線 20350円 付近 
高値圧力線 20840円 付近
 UOS  52.7%  ↓   

 

本日の値動きでは、前日比-596円と大幅に値を下げた一日でした。この数字を見ると、大きく値を下げた印象ですが、体感的には暴落とは思えず、底堅く強い印象を受けました。TVでは今年最大の下げと言っていますが、市場は落ち着いている様に思います。

 

それを裏付けるかの様に、私のシステムでは、目先下げトレンド転換とはならず、上げトレンド継続7営業日目と言う結果となっています。但し、終値ベースでは、均衡線を割り込み、またUOSは大幅に下落、52,7%まで下げています。

 

ここからですが、ギリシャが電撃的にユーロ圏の要望を呑むと言うギリギリの決断をした場合、大暴騰となる事は想像に難くありません。メルケル首相も、話し合いの余地はあると言っているので、国民の窮乏ぶりを見かねたギリシャ政府首脳が、妥協に応じるかもしれません。これは楽観のシナリオですが…

 

売り方の私としましては、一段安を期待したい所ですが、日中の底固さ、夕場のジリ上げの値動きを見ていると、一段安が来るとは思えず、昨日にも書きましたが、日本株が資金の逃避先となる様に思えてなりません。

 

 明日は、売り玉を手仕舞いを検討しようか、思案の時です。

 

勝敗は時の氏神。

ご照覧あれ。