トップページ > NK225副業 > 相場雑感 > 水を差すヒラリーメール問題

水を差すヒラリーメール問題

2016/10/29 20:59:27

テーマ:相場雑感

 

1.概況

10/28 日中足

10-28

10/28 ナイト先物

10-28-1
 

2.売買結果

本日はノートレでした。

今月の累計 ; 0円

 

3.相場見通し

先ずは日足の見直しです。

 

 

 短期波動 下げ               124 (4/25起点)
目先トレンド 上げ     ↑    11日  (10/14起点)
直近値幅  733円              (10/14起点)
 均衡線 16880円 付近 
高値圧力線 17190円 付近
 UOS 70.9%   

 

10/28のNK値動きは、寄り付きGUの17448円と値を上げて始まりました。日中の値動きは、値幅僅か54円の小動きであり、デイトレ泣かせの相場展開となりました。

ナイト先物は、安く寄り付いた後、ジリジリと値を上げる展開が続きましたが、2時過ぎから急落となり安値を更新する事態となりました。とは言え、17350円にて下落が止まった格好で、17390円にて引けています。

 

テクニカルを見ますと、目先上げトレンドは11営業日目を経過、5営業日連続でのIR高値の更新により、直近の値幅は733円迄拡大しました。UOSは上昇70.9%となり、再び70%台に乗せて来ました。依然として、上げ過ぎの水準を維持しています。

 

売り目線を封印し、暫くは様子見とする方針の中、NKはやはり堅調に推移する展開となりました。

この上げトレンドの特徴は、値幅が小さく上昇がゆっくりな所です。日銀の異次元緩和がもたらした暴れ龍NKの面影は欠片も見られず、ゆっくりゆっくり上昇して行く値動きは、売り方の茹で蛙状態を誘い、気が付けば直近の安値から733円の上昇となり、損切りも躊躇う展開となっています。

 

しかし、その茹で蛙上昇相場に水を差す様なニュースが流れました。28日のNY時間中、「FRBがヒラリークリントン氏のメール問題について再捜査を開始」との報道を受け、NK先物は急落、一時は17350円を割り込む事態となりました。これが事実であれば、11/8の大統領選挙まで、調整が入るきっかけとなるのかも知れません。また、韓国の大統領秘書官の捜査も、タイミングが悪くバッドニュースになっています。

 

どうやら、売り方に希望の芽が芽生えて来た様に思います。週明け月曜の値動き次第では、売り目線の封印を解く必要があると考え、基本様子見の売場模索にて臨むのが良いと考えます。

 

勝敗は時の氏神。

ご照覧あれ。