トップページ > NK225副業 > 相場雑感 > 為替が牽引してNK上昇へ

為替が牽引してNK上昇へ

2015/11/05 23:10:03

テーマ:相場雑感

 

1.概況

割愛。

 

2.トレード結果

本日はノートレでした。

今月の累計 ; +50円


3.相場見通し

本日のNKは、寄り付き19029円にて始まり、前場は軟調な展開にて推移し、そのまま下げて行くかに見えましたが、10時半頃より潮目が変わり、その後は下げた分を上昇にて取り戻し、19100円を回復しました。

 

それでは、日足の見直しです。

 

 

 短期日柄  下げ波動    89 (6/24起点)
目先トレンド  下げ転換      3日  (10/30起点)
直近値幅  561円          (10/15起点)
 均衡線 18430円 付近 
高値圧力線 18820円 付近
 UOS 50.4%  ↑  

 

本日は、前日引けの弱さが尾を引き、前場10時半頃までは軟調な値動きでしたが、その後は潮目が変わり、19100円を回復しました。夕場先物の値動きは更に強く推移し、ドル高の進行により相場が強く推移している様子です。

 

テクニカルを見ますと、目先トレンド3営業日継続、短期の下げ日柄は89営業日ですが、昨日も書きました様に、短期波動の転換が近づいているか、既に転換しているのかも知れない状況です。UOSは再び上昇に転じ、50.4%となり、株価位置は、高値圧力線を超えており、バンドウォークが視野に入って来ました。

 

この相場を牽引車は、謂わずと知れた円安ドル高で、今現在は122円を超えて来ています。12月の米国利上げが現実味を帯びて来ており、その折込を始めたと言った所でしょうか。前回のドル円高値は125円を超えており、ここからあと3円は上げ代が見込めます。

 

仮に、利上げ決定にて126円まで上昇したとすると、あと4円の上げ代が有り、ドル円が1円上昇=NK300円上昇と仮定すると、NKは今の水準から1000円以上上げる事となります。20000円超えが再来するのかも知れません。

 

ここからですが、日柄転換時期近しと見て買い目線を継続にて臨みます。

 

勝敗は時の氏神。

ご照覧あれ。