トップページ > NK225副業 > 相場雑感 > 目先下げトレンド転換

目先下げトレンド転換

2015/04/30 23:05:32

テーマ:相場雑感

 

1.概況


本日のNK値動きは、祝日中に発表された米国GDPの大幅悪化を受け、寄り付きGDの19848円にての反落スタートでした。

 

前場は、寄り値が日中の高値の寄り天で、良い所が殆どなく、ほぼ一本調子での下げにて推移しました。 

 

後場に入ると、寄り付きからやや持ち直す局面もありましたが、下げ基調を覆す力に欠け、次第に下落に転じ、引け間際まで売られ続け、結局は19520円にての大陰線引けとなりました。 

 

夕場先物は、寄り付きから更に値を下げ、一時は19400円割れまで売られましたが、その後はドル円の上昇を受けて持ち直し、今現在は19590円付にて推移しています。

 

 2.トレード結果


本日もノートレでした。

今月の累計 ; 0円

 

3.相場見通し

 

やはり4/30日が転換点のようでした。日柄も熟していますし、奇しくも日銀会合も4/30日、これ以上のタイミングは無いと思います。

 

その日銀会合ですが、想定通り追加緩和無しの現状維持、この結果を受けて下げ転換となったようです。

 

それでは日足の見直しです。 

 日柄  -  - (/起点)
目先トレンド  下げ転換   (4/23起点)
直近値幅  550円      (4/23起点)
 均衡線 19690円 付近 
安値圧力線 19310円 付近
 UOS  46.0% 

 

本日の値動きにて、終値ベースで均衡線を割り込み、安値圧力線を窺う所まで下げて来ました。UOSは大幅反落、46%迄下げており、目先トレンドが下げ転換となりました。

 

只、夕場の今現在は、値を戻し続けており、この戻りが売り方の買戻しなのか、新規の買いなのかが判らない所です。ドル円が、何故か1円程度上げており、この事も有り先物も上昇しているとは思いますが、明日の値動きが気になる所です。

 

明日の値動きですが、均衡線迄の自律反発にて止まれば、下げトレンドの中の戻りと見ますが、それを超えて行く様ですと、再び上値を追う事を考慮する必要があるのかもです。

 

個人的には、均衡線にて止まるものと考えており、売り目線にて臨もうと思います。

 

勝敗は時の氏神。

ご照覧あれ。