トップページ > NK225副業 > 相場雑感 > 買場を待つ

買場を待つ

2016/02/20 22:55:41

テーマ:相場雑感

 

1.概況

 

2/19 日中足

 

 2.19

 

2/19 夕場先物

 

 2.19-1

 

2.トレード結果

本日はノートレでした。

今月の累計 ; 0円

 

3.相場見通し

 

先ずは、日足の見直しです。

 

 

 短期波動  下げ       160日 (6/24起点)
目先トレンド  下げ     ↓   13日  (2/12起点)
直近値幅  3040円           (2/12起点)
 均衡線 16730円 付近 
高値圧力線 15370円 付近
 UOS 48.2%  

 

2/19のNK値動きは、前日の強さからは打って変わり、寄り付きGDの寄り天にてのスタートでした。日中、16000円を割り込み、そのまま下値模索となるかに見えましたが、引けに掛けて値を戻して来ています。

その流れを受け、夕場先物は寄り付きから16000円を超える局面も有りましたが、欧州タイムからNYタイムに掛けて、一本調子で値を下げ、15780円にて引けており、状況から、未だ未だ弱気マインドに支配されている様です。

 

テクニカルを見ますと、目先下げトレンドは13営業を経過、2/12にIR安値を更新して以来、ここ1週間程、高安の更新は叶わず、値幅は3040円と変わらずです。UOSは上昇48.2%となり、前日とは逆に、株価が下落し、UOSは上昇のダイバージェンスが発生しています。

 

NYダウを見ますと、NKとは異なり、1/20に底を付けて以来、2/11にはその安値は下回らず、逆に2/1の戻り高値を2/18に更新しており、底打ちを意識したくなるチャートを描いています。NKの軟調さは、為替が円高に振れている事に他なりませんが、短期の波動は、6/24を起点として160日を超えており、そろそろ底打ちを意識しても良いと思います。

 

3月MSQまでは、まだ3週間程度残存しており、それまでは大人の殴り合いが見られると思います。2/12の安値をもう一度見に行くのかも知れませんが、ここから売りを入れて行くのは、2/13の1000円の急騰が有った様に、リスクが高い様に思います。

 

ここからは、下げ止まりを待って買い目線が良いと考え、只々買い場を待つ方針で臨みます。

 

勝敗は時の氏神。