トップページ > NK225副業 > 相場雑感 > 追加緩和を警戒すべき

追加緩和を警戒すべき

2015/12/24 23:39:02

テーマ:相場雑感

 

1.概況

本日のNK値動きは、前夜のNYダウの大幅高を受け、寄り付きHGUの19071円にて始まりました。しかし、日中の値動きは良い所なく一方向の下落の一途で、10時頃に19000円を割り込むと、そのまま値を下げ続け、結局は19800円を割り込んでの大陰線引けでした。

 

 12.24

 

夕場先物は、日中の終値付近にて始まり、一時は18700円割れを窺いましたが、その後反転となり、今現在は18800付近居て推移しています。

 

12.24-1

 

2.トレード結果

本日はノートレでした。

今月の累計 ; +15円

 

3.相場見通し

本日は、ほぼ一方向の下げの一日でした。

それでは、日足の見直しです。

 

 

 短期波動  上げ       57 (9/29起点)
目先トレンド  下げ       4日  (12/18起点)
直近値幅  882円          (12/1起点)
 均衡線 19260円 付近 
安値圧力線 18580円 付近
 UOS 39.3%  ↓  

 

本日は、3営業日振りに19000円を回復しましたが、その後の値動きは一方向の下げにて推移し、状況から終日現物株に売りが出ていた一日でした。

 

テクニカルを見ますと、目先下げトレンドは4営業日となり、直近の値幅は882円と変わらず、UOSは続落となり39.3%と、再び40%を割り込みました。前日の安値を割り込み、昨日、本日の買い方総含み損の状態ですが、一昨日の陽線安値は下回っておらず、まだ買い方には一分の望みが有る様に思います。

 

ここからですが、個人的には続落の可能性が高いと思います。その目安は、やはり12/15の安値18563円をブ レイクするか、これにより方向性が決まると考えます。

 

但し、一点気に成る点があり、黒田総裁の発言、「2%物価目標の達成のため、出来る事は何でも躊躇なく実行する」です。先日の追加緩和不発もあり、今度は腰を据えた緩和を実行して来る事も視野に入れるべきかと思います。続落を夢想しながら、矛盾する様ですが、警戒はしておくべきかと思います。

 

勝敗は時の氏神。

ご照覧あれ。