トップページ > NK225副業 > 相場雑感 > 雇用統計を境に大きく動く

雇用統計を境に大きく動く

2019/01/31 23:17:29

テーマ:相場雑感

 

1.概況

1/31 日中足

 

1/31 先物

 

2.テクニカル

 短期波動 下げ ↓ 82日 (10/2起点)
目先トレンド 上げ ↑ 2日  (1/29起点)
直近値幅  463円      (1/29起点)
 均衡線 20500円 付近 
高値圧力線 21240円 付近
 UOS 54.5% ↓ 

テクニカルを見ますと、目先トレンドは1/29を起点とした上げに転換、2営業日目となりました。IR高値の更新により直近の値幅は463円、UOSは60.4%となっています。

前夜のNYタイムに発表されたFRBの利上げ路線見直しにより、NYダウは急騰NKもつられてIR高値を更新し、目先トレンドは再び上げに転換となりました。只、日中の値動きはそれ程強い訳では無く陰線引けの弱い値動きでした。

明日は米国雇用統計、これを境に大きく動く事が想定されます。利上げ路線見直しにより上昇圧力が掛かっている所ですが、統計指標が改善すると利上げの声が強くなり売り材料、悪化すると悲観による売り、何れにしても売り圧力が強くなるかもです。引き続き売り目線で臨みたい所です。