トップページ > NK225副業 > 相場雑感 > 20000円の反動

20000円の反動

2015/12/02 23:19:17

テーマ:相場雑感

 

1.概況

本日のNK値動きは、寄り付き19958円と値を下げて始まりました。寄り後、10時過ぎまで軟調な展開が続き、19926円まで値を下げましたが、その後反転となり前場引け前に20000円を回復しました。後場に入ると、再び軟調な展開となり、19950から19980円のレンジで揉み合いましたが、結局は19938円まで値を下げての陰線引けでした。

 

夕場先物は、日中の流れを引き継ぎ寄り付き、20000円を窺う局面もありましたが、今現在は19970円付近にて推移しています。

 

2.トレード結果

本日はノートレでした。

今月の累計 ; 0円

 

3.相場見通し

 それでは、日足の見直しです。

 

 

 短期波動  上げ       43 (9/29起点)
目先トレンド  上げ         20日  (11/2起点)
直近値幅  1371円          (11/2起点)
 均衡線 19450円 付近 
高値圧力線 19670円 付近
 UOS 57.2%  ↓  

 

本日は、昨日奪還した20000円を早くも割り込み、またしても20000円の壁を意識させられる値動きとなりました。それでも前場引け際には再び200000円を回復する局面も有り、強い相相場が続いている様にも感じらる値動きでした。

 

テクニカルを見ますと、目先上げトレンドは20営業日を経過、近値幅は1371円円と変わらず、UOSは57.2%と再度60%を割り込み、高下を繰り返しながらのジリ下げにて推移しています。人気の指標である%Rは、昨日の0%から9.77%まで上昇、昨日の人気が極まっていた事が判り、状況から、本日その反動が表れた様に思います。

 

日中の値幅は、76円と小動きが続き、出来高も小さく、20000円達成後の有るべくして現れた値動きで有った様に思います。ここから再び20000円を超えて推移するのか、撥ね返され続けるのか神のみぞ知るですが、私見では、為替が後押ししての上昇余力が有る様に思います。

 

よって、明日以降も、引き続き買い目線にて臨むのが良いと思います。