トップページ > NK225副業 > 売買記録 > NYダウに売りサイン点灯

NYダウに売りサイン点灯

2016/03/06 21:58:10

テーマ:売買記録

 

1.概況

 

3/4 日中足

 

3.4

 

3/4 夕場先物

 

3.4-1
 

 

2.トレード結果

本日はノートレでした。

今月の累計 ; 0円

 

3.相場見通し

 

先ずは、日足の見直しです。

 

 

 短期波動  下げ       170日 (6/24起点)
目先トレンド  上げ        15日  (2/12起点)
直近値幅  2177円           (2/12起点)
 均衡線 16150円 付近 
高値圧力線 17330円 付近
 UOS 59.8%  

 

3/4のNKは、寄り付き値を下げて始まりましたが、ジリジリと値を上げ遂には17000円を明確にブレイクするまで上昇しました。後場に入ると伸び悩みましたが、それでも17000円を回復しての陽線引けでした。夕場先物は、雇用統計まではヨコヨコの値動きで、強い雇用統計を境に250円の乱高下がありましたが、結局強い雇用統計結果を受けて、17080円にて引けています。

 

テクニカルを見ますと、目先上げトレンドは15営業日となり、3営業日連続のIR高値の更新により、直近の値幅は2177円となりました。UOSは続伸、 59.8%となり60%の大台まであと一息の所に来ています。2/8以来の17000円台の回復により、達成感がかなり出た様に思いますが、UOSを見ると、未だ上げ代を残している様に思います。

 

NYダウの値動きを見ますと、NKとは異なり1/20に安値を付けて以来、着実に値を戻して来ており、短期下げ値幅の61.8%戻しを超えています。昨日の値動きにて、遂にUOS売りサインが点灯しました。他方NKは、短期下げ幅の半値戻しすら未だ達成していない状況で、明らかに出遅れています。

 

ここからですが、NYダウに売りサインが点灯しましたので、来週はMSQの思惑もある事から、暫く下押す展開が続く様に思います。しかし、NKはNYに比較し出遅れている事、及びUOSに上げ代が残っている事より、下押す事が有っても上昇圧力はまだ強い事も考えられます。

 

迷った時は、最終判断は日柄で出すのがマイルールですので、日柄を見直しますと、短期下げトレンドの中の目先上げ波動、その上げ波動の日柄が伸びきっているので、戻り高値を付けた後の売り方有利な展開と予想、売り目線にて臨もうと思います。

 

勝敗は時の氏神。

ご照覧あれ。