トップページ > NK225副業 > 相場雑感 > 世界的な下げ相場

世界的な下げ相場

2018/03/04 22:08:37

テーマ:相場雑感

 

1.概況

3/2 日中足

 

3/2 ナイト先物

 

2.テクニカル

 短期波動 下げ ↓ 26日 (1/23起点)
目先トレンド 下げ ↓  3日 (2/27起点)
直近値幅  1413円     (2/27起点)
 均衡線 22020円 付近 
安値圧力線 21030円 付近
 UOS 44.1% ↓ 

テクニカルを見ますと、目先トレンドは2/27を起点とした下げに転換、3営業日目となりました。IR安値の更新により直近の値幅は1413円となり、UOSは続落39.0となっています。

 

3.相場見通し

3/2のNK値動きは、連日のNYダウ大幅安を受け、3営業日連続の寄り付きLGDの21340円にて始まりました。その寄り値が日中の高値の寄り天となり、前場は一本調子でのジリ下げにて推移し21100円割れまで値を下げました。後場に入ると値を戻す展開となり、21200円を回復しましたが、引け間際に値を下げ、21182円にての大陰線にて引けています。

トランプ大統領の米国輸入鉄鋼、アルミへの関税発言から端を発した世界的な下げ相場は、日本市場にも大きく影響を及ぼし、NKは目先トレンドは下げに転換、押しの範囲に留まる事は出来ませんでした。現時点で、21000円の壁が機能しており、その壁にて留まっている格好ですが、週明け、この壁を突破されますと更に大きく値を下げるかも知れません。逆に突破出来ないと、反発する事も考慮に入れるべきかと思います。

週明けですが、トレンドの方向は↓ですので、マイルールに従い売り目線へ転換、売って行こうと思います。

 

勝敗は時の氏神。

ご照覧あれ。