トップページ > NK225副業 > 相場雑感 > 思惑による乱高下

思惑による乱高下

2016/07/27 23:17:20

テーマ:相場雑感

 

1.概況

 

7/27 日中足

 

7.27

 

7/27 ナイト先物

 

7.27-1

 

2.売買結果

トレード無し。

今月の累計 0円

 

3.相場見通し

 先ずは、日足の見直しです。

 

 

 短期波動 下げ               62 (4/25起点)
目先トレンド 下げ        4日  (7/21起点)
直近値幅  616円           (7/21起点)
 均衡線 16230円 付近 
安値圧力線 15730円 付近
 UOS 51.6%  

 

テクニカルを見ますと、目先上げトレンドは4営業日を経過、IR安値の更新は叶わず、直近の値幅は616円と変わらずです。UOSは反転上昇、51.6%となり、再び50%を超えて来ました。

 

FOMC、日銀会合を前にした水曜日、乱高下が待って居ました。寄り付きから、追加緩和観測報道にて上げ、昼前には50年債導入報道にて上げ、その否定報道にて下げ、将に報道に左右された、思惑による乱高下と言った所と思います。やはり、ここは様子見が正解であった様です。

明日ですが、今日ほどの思惑売買は無いとは思いますが、行き過ぎの上げが有れば、売りで臨むのが良いと思います。

 

勝敗は時の氏神。

ご照覧あれ。