トップページ > NK225副業 > 相場雑感 > 意外に強い印象

意外に強い印象

2017/11/12 15:17:17

テーマ:相場雑感

 

1.概況

11/10 日中足

 

11/10 ナイト先物

2.テクニカル

 短期波動 上げ  41日 (9/8起点)
目先トレンド 上げ  41日 (9/8起点)
直近値幅  4143     (9/8起点)
 均衡線 20860円 付近 
高値圧力線 22590円 付近
 UOS 67.8% 

テクニカルを見ますと、目先上げトレンドは41営業日目を経過、IR高値の更新は止まり直近の値幅は4143円と変わらずです。UOSは続落、67.8%となっています。

3.相場見通し

11/10のNKは、寄り付き22581円と大きく値を下げて始まりました。寄り後の値動きは、値幅212円の高下に大きく振りながらのジリ上げとなり、終値は22681にて引けています。夕場先物は22490円にて始まり、場中22340円迄値を下げましたが、次第に値を戻し、22490円にて引けています。

前日の高低差859円の暴落から、当面の高値を付けたと判断売り目線が有利と考え、新たな方針として暫くは売り目線にて臨む事としましたが、本日の値動きを見ていますと意外に強い印象を感じました。とは言え、これだけの長期間、しかも急激に上げて来た相場ですので、一旦調整入りすると見るのが妥当であると思います。

週明けの月曜ですが、22400円を割り込めば目先トレンドが下げに転換となり、そうなれば誰の目にも下げが鮮明となるので、下押し圧力が強くなるものと考えます。只、上述もしました様に意外に強い印象も否めませんので、そこから下げても平均騰落率付近の21500円付近か、先の上げ値幅4143円の38.2%押し21800付近で止まるのかもです。

何れにしても暫くは売り方優位な展開が続くと考え、売り目線にて臨むのが良いと思いますが、深追いは禁物です。

 

勝敗は時の氏神。

ご照覧あれ。