トップページ > NK225副業 > 相場雑感 > 政治が混沌とすれば売り

政治が混沌とすれば売り

2017/03/18 16:54:21

テーマ:相場雑感

 

1.概況

3/17 日中足

3/17 ナイト先物

2.売買結果

本業多忙につき、ノートレ。

今月の累計 ; 0円

昨秋から、本業が多忙となり日中は相場を眺められません。

帰宅も遅く、ナイトも疲れて眺めるだけとなっています。

 

3.相場見通し

先ずは日足の見直しです。

 

 

 短期波動 上げ               178日  (6/24起点)
目先トレンド 上げ        14日  (2/27起点)
直近値幅  672円              (2/27起点)
 均衡線 19300円 付近 
高値圧力線 19630円 付近
 UOS 69.5%   ↑  

 

テクニカルを見ますと、目先上げトレンドは14営業日を経過、IR高値の更新は叶わず、直近の値幅は672円と変わらずです。UOSは更に続伸69.5%となり、いよいよ上げ詰まりの水準となっています。 

 

本日は、寄り付き安く始まりその後はヨコヨコの値動きとなり、またもや日中の値幅が100円にも満たない小動きとなりました。ナイト先物では、為替が112円台まで急伸した事を受け19300円割れまで値を下げていますが、円高の割には下げ足は弱い印象で、まだ下げたくない意図が透けて見える様です。

 

そんな相場環境の中、政治に動きが見られ、森友学園問題で安倍首相の100万円寄付が俄かに持ち上がり、籠池理事長が国会に承認喚問される事となりました。此れが本当ならば内閣総辞職ものなので、相場に与える影響は甚大であると思います。

籠池理事長にして見れば、あれだけ配慮し持ち上げて来た安倍首相から小学院認可延期と言う仕打ちを受け、自身が小学院建設に負った莫大な債務を考えると、許す間敷き行為と映った事は想像に難く有りません。将に窮鼠猫を噛む状態とはこの事です。

 

ここからですが、政治に混乱く限り売りで良いと思います。特に、24日に承認喚問がなされる迄、何が生じるか判らない混沌を深めるならば、迷わず売りで臨みたい所です。

 

勝敗は時の氏神。

ご照覧あれ。