トップページ > サイトマップ > NK225副業 > 相場雑感 > 米国関税の発表を控え

米国関税の発表を控え

2018/03/08 22:50:25

テーマ:相場雑感

 

1.概況

3/8 日中足

 

3/8 ナイト先物

 

2.テクニカル

 短期波動 下げ  30日 (1/23起点)
目先トレンド 下げ   7日 (2/27起点)
直近値幅  1565円     (2/27起点)
 均衡線 21910円 付近 
安値圧力線 20950円 付近
 UOS 36.3%  

テクニカルを見ますと、目先下げトレンドは7営業日目を経過、IR安値の更新は叶わず、直近の値幅は1565円と変わらずです。UOSは続落、36.3%となっています。

3.相場見通し

本日は、僅かにGUにて寄り付きましたが、その寄り値が日中の高値の寄り天となり、その後の値動きはジリ下げの一途となりました。大引けまでその流れは変わらず、大陰線引けとなっています。

本日も値を上げて始まっても売り圧力が強く、そう簡単には上値追いとはならない様です。明日は日本市場ではMSQ、NY市場では雇用統計と、イベントと思惑に左右される一日となりそうです。そして忘れてはいけないのが、米国の鉄鋼・アルミ関税の正式発表が明朝5時30分にある事です。

これを境に為替が大きく動く事が予想され、雇用統計発表後にはトレンドが明らかになっているかもです。それまでは、売り目線を維持しながら、一旦様子見が良いと思います。

 

勝敗は時の氏神。

ご照覧あれ。