トップページ > NK225副業 > 相場雑感 > 資産圧縮の影響

資産圧縮の影響

2017/06/15 23:07:01

テーマ:相場雑感

 

1.概況

6/15 日中足

6/15 ナイト先物

 

2.テクニカル

 

 短期波動 上げ  40日 (4/17起点)
目先トレンド 下げ   9日 (6/2起点)
直近値幅  484円     (5/30起点)
 均衡線 19810円 付近 
安値圧力線 19610円 付近
 UOS 43.6%   

 

テクニカルを見ますと、目先下げトレンドは9営業日目を経過、3営業日振りにIR安値を更新、直近の値幅は484円迄拡大しました。UOSは反発、43.6%となっています。

 

3.相場見通し

 

 

本日は寄り付きGDの19816円にて始まりました。寄り後過ぎに、大きく開けた窓を埋める様に力強く上昇しましたが、9時半過ぎにピークを迎え、その後は一転急落となりました。11時前に日中の安値を付けた後は、ヨコヨコからジリ上げとなり、19832円にて引けています。

注目のFOMCは、大方の予想通り利上げが決定されました。そして、保有資産の縮小を年内に開始すると言う内容でした。結果としては、悪くない内容であると思いましたが、市場の判断は芳しくは無い様です。NYダウは、この発表内容を受け、史上最高値を更新していますが、NKは売られています。

資産圧縮を始める影響がジワジワと及ぼし出すと、好調なNY市場が下げ始める事も十分に考えられ、そうなればNKへの影響も大きなものとなると思います。どうやら目線の見直しが必要の様です。ここからは、戻れば売りの方針が良いと思います

 

勝敗は時の氏神。

ご照覧あれ。