トップページ > サイトマップ > NK225副業 > 相場雑感 > 辛抱強く緩和継続か

辛抱強く緩和継続か

2021/07/28 21:45:12

テーマ:相場雑感

1.概況

7/28 日中足

7/28 先物

2.テクニカル

 短期波動 下げ  110日 (2/16起点)
目先トレンド 下げ    9日 (7/13起点)
直近値幅 1522円      (7/13起点)
 均衡線 28190円 付近
安値圧力線 27390円 付近
 UOS 40.2%   

テクニカルを見ますと、目先下げトレンドは9営業日目を経過、IR安値の更新は止まり直近の値幅は1522円と変わらずです。UOSは下落、40.2%となっています。

3.相場雑感

本日のNKは、寄り付きGDにて始まり寄り後ジリ上げとなりましたが、10時過ぎに日中の高値を付けた後値を下げる展開となりました。後場に入ってもその流れは変わらず、引け間際にやや値を戻したものの、前日比マイナス389円安にて引けました。夕場先物は値を戻し、今現在は日中の高値付近にて推移しています。

注目のFOMCですが、巷の噂ではパウエル議長の辛抱強く金融緩和を継続する姿勢が示されそうとの予想が立っています。仮にそうなると、NYの上昇波は今暫く続く事になりそうで、NK市場にも少なからず影響を及ぼすものと思われます。何れにしても結果待ちですが、引き続き買い目線で待機したい所です。