トップページ > NK225副業 > 相場雑感 > 1/16 強力、東京市場防衛軍

1/16 強力、東京市場防衛軍

2014/12/17 21:19:45

テーマ:相場雑感

1.概況
 1/16日のNK値動きは、前日のNK先物急落、NYダウ5営業日連続続落を受け、寄り付き16813円のGDにて始まりました。
 寄り後、やや値を戻す局面もありましたが、11時過ぎから急速に売られ始め、一時は前日比マイナス500円超の16593円まで値を下げました。
 しかし、後場に入ると一転急速に値を戻し、寄り値はおろか、当日の高値を更新しての、長い下髭を付けての陽線引けでした。
 
 夕場先物は、ドル円の強さを受け、更に値を伸ばし、17000円を回復して引けています

2.トレード結果
 本日はノートレでした。
 今月の累計 ; 25円

 下げ止まりを待っての方針で、昼過ぎからは絶好の買い場でしたが、チキンな私は踏み出せませんでした。

3.相場見通し
 やはり、値を戻してきました。
 15日のスイスフランショックにて、当日前場は売りが売りを呼ぶ展開でしたが、後場に入ると、TOPIXの強さが目立ち始め、どうやら日銀ETF買い、年金現物買い、本邦証券先物買いによる、東京市場防衛軍が出動した様です。

 前場の売りは、スイスフラン暴騰により、痛烈な痛手を負った機関投資家の損失穴埋めの為の、資金確保を目的とした投げ売りでは無いかと思います。

 であれば、ロングを持っていた勢力の投げ売り、即ち短期の売り勢力が整理されたと見る事が出来、強い売り材料がまた一つ減ったと言えるのでは無いでしょうか。

 それにしても、東京市場防衛軍の力は強大です。
 年金が本腰を入れて買っている間は、それに乗じた本邦証券の先物買いも入り、前述売り勢力の後退と相まり、下げれば上げる展開がより線鮮明になるものと思います。

 よって、明日以降も、突っ込み買い目線継続です。

 勝敗は時の氏神。
 ご照覧あれ。