トップページ > NK225副業 > 相場雑感 > 上院公聴会

上院公聴会

2017/06/08 23:13:45

テーマ:相場雑感

 

1.概況

6/8 日中足

6/8 ナイト先物

 

2.テクニカル

 

 短期波動 上げ                35日  (4/17起点)
目先トレンド 上げ     ↑     7日  (5/30起点)
直近値幅  670円              (5/30起点)
 均衡線 19720円 付近 
高値圧力線 20010円 付近
 UOS 58.3%   ↓  

 

テクニカルを見ますと、目先上げトレンドは7営業日目を経過、IR高値の更新は叶わず、直近の値幅は670円と変わらずです。UOSは下落、58.3%となっています。

 

3.相場見通し

本日は、寄り付きGUの20000円を超えて始まりました。しかし、その後の値動きはパットせず、ヨコヨコからジリ下げにて推移し、特に引け間際には19900円を割り込む迄値を下げました。夕場先物は19940円にて始まり、その後はジリ上げとなり、今現在は20000円を超えて推移しています。

MSQを睨んだ仕掛けの様な値動きでしたが、夕場には値を戻しています。このまま上昇を期待したい所ですが、FBI長官の上院公聴会が控えており、これが不確実性要因です。明日には結果が出ていますので、MSQと共に注視したい所です。

 

勝敗は時の氏神。

ご照覧あれ。