トップページ > 現代訳 宗久翁秘録 > 此書他見無用の事

此書他見無用の事

2016/08/28 18:59:36

テーマ:現代訳 宗久翁秘録

 

本日は、現代訳宗久翁秘録 第153節「此書他見無用の事」をご紹介致します。

尚、この節にて、現代訳宗久翁秘録のご紹介を最終とさせて頂きます。

 

1.原文

此書、懇意の間柄にても、必ず必ず見せ申間敷なり、全く、我一人富まんとには非ず。此書を能々見極めもせず、心安き者に心得、売買致候へば、手違になり、時により身上に拘はり、恨みを受くる故に、必ず必ず他見無用の事、可秘可秘。殊に三位の伝は天下に稀なる法立にて、知る者数少なし。此法に随て売買致時は、神徳利運にして、損すると云ふことなし。大切に心得、秘蔵すべし。可慎、可秘。

 

2.現代訳

此の書は、どれ程の懇意の間柄の者であっても、決して他人には見せてはならない。

と言うのは、自分一人が富者になる為、と言う事では無く、此の書をよくよく見極めもせずに、安易に考え、相場を張って失敗し、場合によっては身上を潰すような事になってしまうと、故なき事で有っても恨みを受ける様になる。したがって、決して他見は無用、他人には堅固構えて秘すが良い。特に、三位の秘伝は天下に二つと無い相場仕法であって、知る者の数は少ない。この仕法に従って相場をする限り、神徳利運があって損をするということがない。大切に心得、秘蔵するが良い。他人には、堅固に秘すが良い。

 

3.私の解釈

この節を、誤解を恐れずに一言で表すとすれば、「相場師とは孤独なもの」であると思います。

 

 

 

 

相場に臨む方々は、誰もが、儲けたい一心で独自に創り上げた手法を基に、相場を張っているものと思います。そして、相場と言う実践を経て、その手法の改善を続けているものと思います。

当然ながら、独自に磨いた手法は門外不出であり、仮にそれが表に出る事があるとすれば、魔法の神通力を失い陳腐化した手法に成り下がった時であると思います。巷に溢れている有料情報サイト、販売サイトはその一端であり、相場には通用しない、ろくでもないものであると私は考えています。

当節のエッセンスとしての私の考えは、例え勝率9割を超える様な魔法の手法で有っても、それを知る人、運用する人が少数である事が成立条件の一つであり、大勢が運用する様になれば、当然その魔法の力を失うものであると思います。

SNS、掲示板、インターネットが発達した現代、魔法の手法と儲けの内容を自慢したい衝動に駆られる事も理解出来ますが、上述の様に、皆が知ってしまえば力を失いますし、またビッグデータ解析の餌食になる事も考えられます。

相場師とは孤独なもの、これは実在する相場師、尊敬する三四郎先生のお言葉でもありますが、独自に磨いた手法は墓場まで持っていく、そんな心持が大切であると考えます。

 

4.原典紹介

現代訳宗久翁秘録は、全157節の原典と現代訳、そして宗久翁小伝にて構成されています。当ブログにて紹介しているのは、その内の46節に過ぎません。

ご紹介している46節は、私の主観から、重みがあると考えたものを抜粋したものですが、その他にも見るべき節がある事も事実です。

また、宗久翁小伝には、戦前迄の「日本一の大地主、庄内の本間家」の礎を築いた宗久翁の生い立ち、そして、宗久翁が、稀代の天才米相場師、「出羽の天狗」との異名をとるに至るまでの過程が書かれており、それだけでも一読に値するものと思います。

現代訳宗久翁秘録は絶版であり、新書の入手は困難を極めますが、残り少ない中古書がこちらから購入出来ます。原典をお読みになれば、また違った景色が見えて来るものと思いますので、是非、一読される事をお勧め致します。

   

 

5.TOPに戻る

現代訳宗久翁秘録TOP に戻る